インターセプターSチュアブル安全

インタセプターSチュアブル安心・安全・フィラリアの注意点

インターセプターSチュアブル安心と安全性は

 

どのフィラリアの薬でも副作用はつきものです。
多少の副作用ならそんなには問題ないと思いますがいんたーセプターSチュアブルの副作用は始めての副作用は嘔吐をすることもあります。
万が一服用後1時間以内には吐き出してしまった場合は3、4日経過してから経過したら再度ふたたび服用せせてください。

 

インターセプターSチュアブルや他のフィラリア予防薬の有効成分

 

 

インターセプターSチュアブルの副作用はどんなもの?
●嘔吐

 

●下痢

 

●食欲不振

 

●元気消矢

 

●眠気

 

●よだれ

 

このような症状がでたら絶対に服用を中止しましょう!!

 

☆インターセプターSチュアブルは上記の副作用をしっかり把握してください。特に初心者の場合はしっかりフィラリアの検査を行ってからインターセプターSを投与してください。

 

インタセプターSチュアブルの注意点とは?

 

インターセプターSチュアブルを投与する前は必ず次のことを守ってください

 

1・昨年1回でもフィラリアの薬を飲み忘れてしまった

 

2・蚊にさされたかどうかわからなく迷ってしまった場合

 

3・散歩中に草むらや雑草などを歩いたことが多くある場合

 

特にこの3つに関係する人は必ずフィラリアの検査をしましょう

 

フィラリアの検査を行いフィラリア感染の有、無について確認をしてから服用するようにしてください。

 

インターセプターチュアブルを服用する時は体重測りその犬の体重に合った量のインターセプターSチュアブルを飲ませましょう!!

 

ココがポイント!

 

一番大事なことは生後14週未満の子犬は、または体重が2.3㎏未満の子犬には投与させないでください。
妊娠中や授乳中の犬に投与する場合は獣医師と相談してくださいね。

 

4.5㎏を超える体重の犬を投与させる場合は錠剤の超過分を体重に合わせた薬の錠剤を組み合わせて投与させてください。

 

☆怖いのはインターセプターSチュアブルを他の薬と併用するときは獣医師に相談してくださいね。万が一自己判断で併用した場合は副作用を起こす可能性、危険性があります。必ず主治医師の指示に従ってください。

 

インタセプターSチュアブル安心・安全フィラリアの注意点

page top